毎日の朝風呂、独自の入浴法にはまってしまった

あたしは早朝、お風呂に入るのが仕来り化しました。そこでの入浴に関してだ。
あたしは、がんらいサロンの勤務が早かった結果、起きる時間はAM4:00でした。
その時は、勤務に追われるので入浴もほどほどでしたが、2時前にサロンを退職してから、始業日数が遅くなりましたので、早朝の日数が妙に長くなってしまいました。
遅いのだから、起きる時間を変えればいいのですが、20時以上もその時間に起きていたので、相当文化は直りません。
なので、入浴日数を長くしようと決めました。各種入浴法を探して自分にあった入浴法を見つけ出そうとした場、お湯の気温を日毎取り換えるようなことが書かれた図書をみました。
試しにその入浴法を自分なりにアレンジして行って以後、洗いざらいはまってしまいました。ウィークの2日間を42℃に設定し、残りの5日間を38℃に設定して入浴するようになりました。
そうすると体調に設定が。痩せてきたのです。42℃の時には15分間お湯につかって、38℃の時は30パイお湯につかるを続けているうちにウエイトが減ってきたのです。
理由はわかりませんが、痩せたせいか、確かに身体が良いのです。医学みたい道理はないと思いますが、徹頭徹尾はまってしまいました。
一際今日は42℃のお天道様だと思うと気合が混ざるのです。(熱いので)
これからもこういう入浴法からあたしは抜けられないように思います。ワンダーコアスマートの価格が安いです。

毎日の朝風呂、独自の入浴法にはまってしまった

この春はじまったドラマで毎日がちょっとハッピーに

がんらいドラマフェチでしたが、なんだかせわしない日々の間
ここしばらくはドラマを見ていなかったのですが、
春からはじまったドラマは随分初代を録画しておいたおかげで
スタートに出遅れず見することができました。
特に隠れ家は、
元柔道スポーツマンのママがビギナー戯画手直しヤツとして奮闘する格好を描いて掛かる「重版品質」と
女医としてスタートし、金額も美容もあるのになんだかロマンス・ウェディングがうまくいかないマミーを描いている「身ウェディングできないんじゃなくて、しないんです」
の2作品だ。
「重版品質」は損傷で柔道五輪スポーツマンの切望を断念したヒロインが、公刊世というかなり畑違いの方面でありながらも
持ち前の気力で一所懸命会社と向き合う様にずいぶんパッションさせられます。
主演の黒木華さんもキュートで実に列席が美味いなぁ~と感じます。
「身ウェディングできないんじゃなくて、しないんです」は、パーフェクトに当てはまるのに
なんだかロマンス・ウェディングだけはうまくいかないマミーの”残るある”が極めてリアルに描かれていると思います。
も、ヒロインはあんまりイヤなレディースなんぞじゃないんです。
寧ろ不器用でものすごく甘いなぁとマミーの身は共感してしまう。
そんな微妙な役所を主演の中谷美紀さんが素敵に演じているのも必見です。
各週楽しみで、ドラマの1タームが単なる一年中の湿気となっています。キャッシング審査がよくわかります。

この春はじまったドラマで毎日がちょっとハッピーに